Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ペリドット(Peridot)

ペリドットは鉄分と微量のニッケルを含有し、美しい黄緑色に発色します。 オリーブの色に似ていることから鉱物学ではオリビン(Olivine)と呼ばれ、和名の「かんらん石」はオリーブに似た植物の橄欖(カンラン)から来ています。 ペリドットは宝石名…

プレーナイト(Prehnite)

プレーナイトは葡萄状の集合体で産出される、淡い緑色の鉱物です。 マスカットグリーンの様な色合いは、微量の鉄分によるものですが、濃淡の異なるグリーンが多く、イエローに近いものや無色、ほとんど白いものも存在しています。 プレナイトは単結晶で発見…

フックサイト(fuchsite)

フックサイトは白雲母(muscovite)の一種でクロムを含み緑色のものをいいます。 ヨハン・ネポムク・フォン・フックスにちなみ命名されました。 和名は「クロム雲母」や「クロム白雲母」と呼ばれます。 雲母(マイカ)はカリウムを主成分として含…

ファイアーオパール(Fire Opal)

ファイアーオパールは炎が揺らめくような、遊色効果を持っているプレシャスオパールの一種です。 オパールは遊色効果の有無により二種に大別され、虹色に輝く遊色効果を持つものを「プレシャスオパール」、単色できらめかないタイプのものは「コモンオパール…

ピンクトルマリン(Pink Tourmaline)

ピンクトルマリンはマンガンイオンによってピンク色に発色したトルマリンです。 このマンガンイオンが多いと、ルベライト(赤いトルマリン)となるのですが、少ないとピンクトルマリンとなります。 また、ピンク色のトルマリンはすべてピンクトルマリンと呼…

ピンクトパーズ(Pink Topaz)

トパーズにはさまざまな色味がありますが、酸化クロムによってピンク色に変色したのがピンクトパーズです。 パキスタン産の天然の色のものと、ブラジル産を加熱したものがあります。 ほとんどはブラジル産のインペリアルトパーズで、加熱処理することでシャ…

ピンクカルセドニー(Pink Chalcedony)

ピンクカルセドニーはピンク色に発色したカルセドニーです。 カルセドニーは、クォーツ(石英)の顕微鏡的な結晶が集合して、塊状になっているものです。 さまざまなカラーバリエーションがあり、全体が赤色のものは「カーネリアン(紅玉髄)」、緑色のもの…

ピンクカルサイト(Pink Calcite)

ピンクカルサイトは、マンガンが入りピンク色に発色したカルサイトです。 カルサイトという名前は、ラテン語で石灰を意味する「calcit」に由来しています。 主成分は炭酸カルシウムで、大理石や石灰岩はカルサイトが集まってできた岩石です。 最大の…

ピンクオパール(Pink Opal)

ピンクオパールは遊色効果を持たないコモンオパールの一種です。 オパールは遊色効果の有無により、二種に大別され、虹色に輝く遊色効果を持つものを「プレシャスオパール」、単色できらめかないタイプのものは「コモンオパール」と呼んで区別します。 ピン…

ヒデナイト(Hiddenite)

ヒデナイトは「リチア輝石」(Spodumene)の一種で、電池に使われるリチウムを主成分としています。 色によって名称が異なっていて、ピンクから紫がかったものを「クンツァイト」、アップルグリーンのものを「ヒデナイト」といいます。 大型の結晶…

ページトップへ戻る