Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ピンクオパール(Pink Opal)

NOT IMAGE

ピンクオパールは遊色効果を持たないコモンオパールの一種です。

オパールは遊色効果の有無により、二種に大別され、虹色に輝く遊色効果を持つものを「プレシャスオパール」、単色できらめかないタイプのものは「コモンオパール」と呼んで区別します。

ピンクオパールはミルキーなピンクカラーが特徴で、愛の天使の天使のパワーを持つ「キューピッドストーン」とも呼ばれています。

特に宝石質のピンク色は大変稀少で市場に供給されている数は限られているため、高価格で取引されています。

スポンサードリンク

ピンクオパール(Pink Opal)の基本データ

鉱物学的分類含水珪酸から成る塊状、腎臓状、鐘乳状の鉱物。
モース硬度5 ~ 6.5
不透明なオパールのピンク色のもの
対応チャクラ第四チャクラ
特徴質感が軽く、女性的でガラス光沢をもつ
パワー・女性としての魅力を引き出す作用がある
・心身を安静にする作用がある
おすすめ使用法・魅力的女性として愛されたいとき
・女性・子ども・高齢者のお守りとして
・リラックスしたいとき
取り扱いの注意熱・乾燥に弱いため、湿度の多い所で保管するとよい
浄化法水、水晶、香り
和名蛋白石(たんぱくせき)
ページトップへ戻る