Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

レピドライト(Lepidolite)

レピドライトは珪酸塩鉱物のグループの雲母(マイカ)の一種です。

真珠光沢を持った半透明の鉱物で、鉱石内のリチウムの含有量の違いによりピンク色、赤紫色、紫色、淡紫色などに輝きます。

鱗雲母とも呼ばれ、名前もギリシャ語で「鱗」を意味する(Lepidos)に由来しています。

結晶は鱗片状で劈開性があり、剥離しやすいため装飾品には不向きです。

彫刻材などとして利用されますが紫外線、水に弱いため取り扱いには注意が必要です。

「変革の石」とも呼ばれ、困難を乗り切り、問題を打開するためのサポートをするとされています。

スポンサードリンク

レピドライト(Lepidolite)の基本データ

鉱物学的分類雲母の一種。うろこ状の結晶
モース硬度2.5 ~ 4
ピンク色、白、紫
対応チャクラ第六チャクラ
特徴結晶はうろこ状をしており、キラキラとした光をもっているのが特徴
パワー・心に平安、安定をもたらす
・対立関係を緩和する効果がある
おすすめ使用法・感情が高ぶったとき
・仕事で相手とぶつかったり、対立したりするとき
取り扱いの注意はがれやすいので、持ち歩くことは避けたほうがよい。水に濡れないよう注意する
浄化法水晶、香り、月光
和名リチア雲母
ページトップへ戻る