Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

マイカ(Mica)

雲母(マイカ)はカリウムを主成分として含む珪酸塩鉱物のグループです。

英語名micaはラテン語の「輝く」(micare)に因んでいます。

雲母には薄くはがれやすい性質があり、「千枚はがし」と言われます。

光沢があり、光を受けるとキラキラと輝き、きら・きららとも呼ばれます。

組成によって白雲母、金雲母、レピドライト(リチア雲母)など細かく分類されています。

白雲母は熱や電気を通しにくい性質をもち、絶縁体として使用されたり、砕いてパール光沢の顔料にも用いられます。

スポンサードリンク

マイカ(Mica)の基本データ

鉱物学的分類カリウムを主成分とする珪酸塩鉱物。耐火性が強い。電気の絶縁に用いる
モース硬度2.5 ~ 4
白色の白雲母と黒色の黒雲母がある。真珠光沢をもつ
対応チャクラ第七チャクラ
特徴絶縁体として使われていた。以前はアイロンの中にマイカの板が入っていた
パワー・怒りや苛立ちを抑える効果がある
・精神の閉塞感から解放する
おすすめ使用法・イライラした気持ちに悩むとき
・柔軟な態度で人と交わりたいとき
取り扱いの注意はがれやすいので、持ち歩くことは避けたほうがよい。水に濡れないよう注意する
浄化法香り、月光
和名雲母(うんも)
ページトップへ戻る