Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ムーンストーン(Moonstone)

ムーンストーンは、長石(feldspar)の一種で、6月の誕生石になっています。

和名は、同じく長石に属するサンストーン「日長石」と対になることから「月長石」の名がつきました。

ムーンストーンの最も特徴的な魅力となっているのは「シラー」と呼ばれるその幻想的な光の効果です。

これは、内部の2種の長石が、その境目で回折・干渉作用で青い閃光を放つものです。

長石の仲間で同様の効果をあらわすものとしては、ラブラドライトのラブラドレッセンスが挙げられます。

ヨーロッパでは「旅人の石」「未来を予知する石」とされ、旅の夜道を照らすと石として伝えられています。

また、恋愛成就のお守りとして人気のあるパワーストーンです。

スポンサードリンク

ムーンストーン(Moonstone)の基本データ

鉱物学的分類長石の一種。特にカリウムを多く含んだ正長石に属する
モース硬度6 ~ 6.5
透明で青みを帯びた白色。特殊な光彩が月の光のように見える
対応チャクラ第四チャクラ、第七チャクラ
特徴月の満ち欠けとともに光り方を変えると信じられている
パワー・情緒を安定させる効果がある
・インスピレーションを高める
おすすめ使用法・女性の心身が不調のとき
・霊性を高めたいとき
・旅行のお守りとして
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない。浄化には月光がよい
浄化法月光、水晶、香り、水
和名月長石(げっちょうせき)
ページトップへ戻る