Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ロードクロサイト(Rhodochrosite)

ロードクロサイト(菱マンガン鉱)は別名「インカローズ」と呼ばれる鉱物です。

菱マンガン鉱からなるピンクから赤色の宝石で、六方晶系の菱面体の結晶構造をしています。

ロードクロサイトの名前はギリシア語の「バラ(Rhodo)色(Chrom)」に由来します。

インカ帝国が栄えたというアンデス山脈から産出され、原石を研磨すると薔薇の花の様な模様が現れたことから、「インカローズ」と呼ばれるようになりました。

現在の主な産地はアルゼンチンとペルーです。

特にアルゼンチン産の物は色合いも美しく、宝石としても人気が高い石です。

また、日本にはマンガンの鉱物が多く北海道などで産出されますが、海外のもののほうが色が鮮やかです。

スポンサードリンク

ロードクロサイト(Rhodochrosite)の基本データ

鉱物学的分類マンガンの炭酸塩鉱物。木目(もくめ)のような縞模様を持ったもの
モース硬度3.5 ~ 4
淡い桃色から濃赤色
対応チャクラ第二チャクラ
特徴硬度が低いため、宝石として流通することは少ない。カットされた石は箱などに収蔵して保管鑑賞される
パワー・愛の傷を癒す力がある
・情熱を刺激する作用がある
おすすめ使用法・恋愛を育てる魅力を高めたいとき
・過去の出来事を克服し、前向きに生きたいとき
・肉体的に疲労を感じるとき
取り扱いの注意酸化すると光沢を失い黒ずんでくる、また、劈開性が存在するため割れやすいので注意する
浄化法太陽光、月光、香り、水晶
和名菱マンガン鉱
ページトップへ戻る