Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ピンクトルマリン(Pink Tourmaline)

ピンクトルマリンはマンガンイオンによってピンク色に発色したトルマリンです。

このマンガンイオンが多いと、ルベライト(赤いトルマリン)となるのですが、少ないとピンクトルマリンとなります。

また、ピンク色のトルマリンはすべてピンクトルマリンと呼ばれますが、非常に色が薄く、白っぽいものから、ルベライトと混同されるような濃いピンクまであり、さまざまです。

一般的に放射線照射による色づけが行われていることが多いです。

ピンクトルマリンは、ブラジル、アメリカ、タンザニアなどの地域で採石することができる天然石です。

日本とアメリカでは10月の誕生石の一つになっています。

スポンサードリンク

ピンクトルマリン(Pink Tourmaline)の基本データ

鉱物学的分類トルマリンの中でピンク色のもの
モース硬度7 ~ 7.5
魅力的なピンク色
対応チャクラ第四チャクラ
特徴古代のシャーマンが感性を磨いたり、メッセージを受信したりするために身につけた
パワー・過去の愛を浄化し、新しい愛を呼ぶ効果がある
・女性ホルモンの分泌を促す作用がある
おすすめ使用法・女性らしい魅力を持ちたいとき
・愛を育み幸せになりたいとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、太陽光、月光、香り
和名リチア電気石
ページトップへ戻る