Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ブルールチルクォーツ(Blue Rutile Quartz)

NOT IMAGE

ブルールチルクォーツは水晶に藍色がかった針状の物質が内包されているのが特徴です。

主な原産国はブラジルやロシアです

青い針からブルールチルと呼ばれていますが、こちらは俗称です。

実際に内包されている成分はルチル(金紅石)ではなく、アクチノライト(緑閃石)やインディゴライトです。

そのため、正式には「アクチノライトインクォーツ」や「インディゴライトインクォーツ」ということになります。

エネルギー面から見ても、ルチルクォーツ系の石とはかなり違った特性をもちます。

スポンサードリンク

ブルールチルクォーツ(Blue Rutile Quartz)の基本データ

鉱物学的分類水晶にインディゴライトやアクチノライトが内包されたもの
モース硬度7 
水晶の中に針状の青いものが見える
対応チャクラ第六チャクラ、第七チャクラ
特徴ブルールチルクォーツは流通名である
パワー・規律や秩序をもたらす
・創造性を刺激する力がある
おすすめ使用法・多数の人と共同作業をするとき
・過去の悲しみを消したいとき
・斬新なアイディアが欲しいとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、水晶、香り、月光、太陽光
和名藍針水晶、青針水晶
ページトップへ戻る