Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ルチルクォーツ(Rutilated Quartz)

ルチルクォーツは、水晶の中にルチル(金紅石)が針状になって内包されている鉱物です。

水晶の透明度が高いと針が美しく見え、高品質になります。

ルチルは二酸化チタンの結晶のひとつで、針状になりやすく、火成岩や変成岩などに広く産します。

ルチルの名前はラテン語で黄金色や輝きを意味する(Rutilus)に由来しています。

ルチルクォーツは金黄色で強い光沢を示し、金運・財運アップのパワーストーンとして有名です。

また、水晶に銀色のルチルが内包されたものはシルバールチルクォーツといいます。

スポンサードリンク

ルチルクォーツ(Rutilated Quartz)の基本データ

鉱物学的分類水晶の外面にルチル(金紅石)の針状結晶を付着して成長する。また、一部は水晶内に内包する
モース硬度7
透明な水晶に金色の針状の結晶が見える
対応チャクラ第三チャクラ、第七チャクラ
特徴太い針のように見える結晶は「キューピットの矢」と呼ばれている
パワー・運気を向上させる作用がある
・体力アップに効果がある
おすすめ使用法・目標を達成したいとき
・体力が消耗しているとき
・金運アップを願うとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、太陽光、月光、香り
和名針入り水晶
ページトップへ戻る