Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ラリマー(Larimar)

ラリマーはチャロアイトスギライトと並ぶ、世界三大ヒーリングストーンの一つです。

ラリマーは1974年に発見された比較的新しいパワーストーンで、カリブ海の火山島ドミニカ共和国で採掘されます。

名前は、発見者である地実学者の娘の名(Larissa)とスペイン語で海を意味する(Mar)を合わせて命名されました。

鉱物学的には白色針状結晶の集合体のペクトライト(曹珪灰石)の一種で、「ブルー・ペクトライト」と言います。

「カリブ海の宝石」と言われるように、ラリマーの最大の特徴は、美しい水色と、空の雲が写ったような模様です。

愛と平和を象徴します。

スポンサードリンク

ラリマー(Larimar)の基本データ

鉱物学的分類バナジウムの含有によりブルーに発色した結晶
モース硬度4.5 ~ 5
淡い水色
対応チャクラ第五チャクラ
特徴空や海が写り込んだかのような水色が特徴
パワー・物事への執着や苦痛を和らげ、平和をもたらす
・肉体的衰えや健康への不安を癒す作用がある
・創造性を刺激する効果がある
おすすめ使用法・生きる喜びを見出したいとき
・年をとることを思い煩っているとき
・自分の生き方を模索しているとき
取り扱いの注意水に長時間つけるのは避ける。太陽光など強い光を避けたほうがよい
浄化法月光、水晶、香り
和名曹灰針石(そうかいしんせき)
ページトップへ戻る