Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

チャロアイト(Charoite)

チャロアイトはラリマー、スギライトと並ぶ、世界三大ヒーリングストーンの一つです。

ロシアのムルン山脈でのみ採掘されるレアストーンで、1978年正式に新鉱物として認定されました。

名前は発見された場所がチャロ川流域であったことから、またはロシア語の「魅惑的な」という意味の(Charo)から名付けられたという説もあります。

淡紫色から鮮紫色のガラス光沢を持った不透明な鉱物で、数種類の鉱物の集合体で、繊維状や放射状で産出します。

チャロアイトの魅力はその美しい紫色と、混ざり合ったような銀色の帯状の輝きです。

スポンサードリンク

チャロアイト(Charoite)の基本データ

鉱物学的分類エジリン、マイクロクリン、ティナクサイトの集合体
モース硬度5
紫と白と黒色が混ざり合ったマーブル模様
対応チャクラ第七チャクラ、第六チャクラ
特徴ラベンダー、ライラック、バイオレットの色が混じり合ってうねっているのが個性的
パワー・恐怖心を克服する力を与える
・迷いを断つ作用がある
おすすめ使用法・自立心を高めたいとき
・迷いを断ち切り、道を開きたいとき
・決断や転機をしたいとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、太陽光、水晶、香り
和名チャロ石
ページトップへ戻る