Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

デザートローズ(Desert Roses)

世界の砂漠で見つかるバラの花弁状の鉱物結晶をデザートローズと呼びます。

日本では「砂漠のバラ」とよばれ、主にジプサム(石膏)の一種のセレナイト(透石膏)や重晶石などの変種として知られていますが、なぜ花弁状になるのかは未解明のままです。

砂漠の水が蒸発するときに、水に溶けたミネラルが結晶化し、デザートローズが作られます。

デザートローズが生まれる場所は、かつてのオアシスだったとも言えます。

石の種類や産出場所により、白系、赤褐色、黄褐色のものなど様々な色味のデザートローズが採取されています。

非常に繊細で脆い鉱物ですのでアクセサリーや持ち運びは避け、 原石を鑑賞するのがおすすめです。

スポンサードリンク

デザートローズ(Desert Roses)の基本データ

鉱物学的分類乾燥した砂漠気候が生み出した花びら状の結晶。
モース硬度2
ローズ色
対応チャクラ第二チャクラ
特徴薔薇の花弁のような結晶が特徴
パワー・人との縁を敏感に感じる力を与える
・不安な状態や場所から離れさせる作用がある
おすすめ使用法・良縁を得たいとき
・悪縁から身を守りたいとき
・精神的に癒されたいとき
取り扱いの注意硬度が低く脆い結晶なので、取り扱いに注意する
浄化法香り、月光
和名砂漠のバラ
ページトップへ戻る