Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ダイヤモンド(Diamond)

ダイヤモンドは炭素から成る元素鉱物であり、自然界で最も硬い物質として知られています。

緻密な原子配列を持ち、ほとんどのダイヤモンドはキンバレー岩と呼ばれる特異な岩石の中で生成されます。

炭素が透明になるためには2000℃7万気圧以上の条件が必要とされ、地球内部のマントルの場所にしか存在しません。

地殻変動が起こったためにマグマに包まれた岩石が噴出した地表で一気に冷却して、ダイヤモンドは変質せずに人の目に触れることができるようになりました。

無色透明のものほど価値が高いですが、実際は黒や灰色のものが多く、これらは研磨材として使われています。

カラーダイヤモンドと呼ばれる美しいブルー・ピンク・グリーンの石は稀少であり、無色のものよりも高価で取引される場合もあります。

研磨法は、屈折率が高く内部での全反射が起こりやすいダイヤモンドの輝きを際立たせるラウンドブリリアントカットが有名です。

最も硬い為他の石に傷つけられず、高貴な輝きを持つ宝石の最高位に君臨する石です。

スポンサードリンク

ダイヤモンド(Diamond)の基本データ

鉱物学的分類炭素だけから成る地球上で最も硬い鉱物
モース硬度10
無色透明または、ピンク、黄、青、緑色などさまざま
対応チャクラ色によりチャクラの位置が変わる
特徴光の屈折率が極めて高く、美しい光沢をもつ
パワー・悪霊を払い不屈の精神を養う力がある
・潜在能力を高める効果がある
・勝負強さを与える
おすすめ使用法・最高の護符として
・自信と勇気を欲しいとき
・勝負に勝ちたいとき
取り扱いの注意皮脂などの汚れがつくと、油の膜によって光がダイヤモンド内部に入らなくなり輝きが鈍くなる
浄化法水、太陽光、月光、香り
和名金鋼石(こんごうせき)
ページトップへ戻る