Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

テクタイト(Tektite)

テクタイトは宇宙現象により生成された副産物であるとされています。

謎の多い分野ですが「隕石が地上に落下した際、地上の物質と隕石の成分が融解し、急冷して固まった天然ガラス」であるという説が有力です。

原石の表面には特有の凸凹と飛翔痕がみられます。

名前は、ギリシャ語で「融解した」という意味の単語“tektos”に由来します。

東南アジアでは約2500年前よりでは「天の火の真珠」といわれ、、儀式の道具や装飾品として使用していたと言われています。

ガラス質の不透明な黒色の鉱物ですが、透明で緑色のものはモルダバイトと呼ばれています。

スポンサードリンク

テクタイト(Tektite)の基本データ

鉱物学的分類ガラス質隕石の一つである天然ガラス。地上に小円盤状または、そろばん状の形で産出
モース硬度5 ~ 6
不透明、半透明の黒色、褐色
対応チャクラ第一チャクラ
特徴表面が溶けたように見え、さらにその形が人為的に作られたように見える
パワー・血液循環を促す効果がある
・宇宙からのメッセージを伝える
おすすめ使用法・血行を良くしたいとき
・宇宙の真理を知りたいとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、太陽光、月光、水晶
和名
ページトップへ戻る