Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

リアルガー(Realgar)

リアルガー(鶏冠石)は硫化ヒ素を成分とし、柱状の結晶になりやすい濃赤透明の鉱物です。

リアルガー のヒ素の水溶性ではないので、直接の毒にはなりませんが、他の硫化化合物が伴っている可能性があるため、口に入れないように注意が必要です。

名前はアラビア語の「鉱山の粉(Rahj alghar)」に由来します。

また、アメリカはワイオミング州のイエローストーン国立公園ではリアルガーが温泉から現在進行形で生成されています。

美しい結晶ですが、振動や湿気と光に弱く、黄色に変質しやすいです。

かつては花火の原料としても利用され、中国では蛇毒を消す作用をもつ薬とされていました。

スポンサードリンク

リアルガー(Realgar)の基本データ

鉱物学的分類硫化ヒ素の組織を持つ鉱物。柱状結晶
モース硬度1 ~ 1.5
美しい橙黄色。空気中に放置すると赤黄色の粉末になる
対応チャクラ 第二チャクラ
特徴絵具・花火の材料
パワー・情熱、意欲を引き出す効果がある
・勇気や行動力を育てる作用がある
おすすめ使用法・愛を得たいとき
・気力を高めたいとき
・指導力、カリスマ性を高めたいとき
取り扱いの注意ヒ素を含んでいるので、口に入れるのは厳禁。太陽光に弱いので注意する
浄化法月光、香り、水晶
和名鶏冠石(けいかんせき)
ページトップへ戻る