Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

レッドジャスパー(Red Jasper)

レッドジャスパーは赤褐色の鉱物で、日本で最も多く流通しているジャスパーの一種です。

ジャスパーは不純物を含んだ微細な石英の結晶が集まってできた鉱物です。

酸化鉄や水酸化鉄などの不純物が混入しているため不透明であり、不純物の違いによって、紅色・緑色・黄色・褐色など様々な色や模様のものがあります。

和名は「碧玉」と言い、元々は青緑色の石の事を指していました。

かなり大きな原石として産出する為、宝飾品としても用いられますが、観賞用の彫刻やインテリア的なものとして加工されることも多い石です。

3月の誕生石のひとつ「ブラッドストーン」もジャスパーの一種です。

スポンサードリンク

レッドジャスパー(Red Jasper)の基本データ

鉱物学的分類酸化鉄の作用で赤くなった碧玉
モース硬度7
赤色
対応チャクラ第二チャクラ
特徴日本では床の間を飾る「水石」「赤玉石」として知られている
パワー・人間関係のトラブルを避ける作用がある
・悪い影響を退ける効果がある
おすすめ使用法・対人関係でモメているとき
・魔除けとして
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、塩、月光、香り
和名赤碧玉(あかへきぎょく)
ページトップへ戻る