Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

リューサイト(Leucite)

リューサイト(白榴石)はカリウムとアルミニウムを主成分とする珪酸塩鉱物です。

白色が典型的な色で、名前はギリシャ語の白色(Leokos)に由来します。

ガーネット(ざくろ石)の様な24面体の結晶を形成します。

和名は色の「白」と柘榴(ざくろ)の「榴」に由来します。

最近まで準長石とされていましたが、現在ではゼオライト(沸石)の仲間とされていて、鉱物学的分類に変更がありました。

主な産地であるイタリアでは天然肥料として利用されます。

スポンサードリンク

リューサイト(Leucite)の基本データ

鉱物学的分類カルシウムとアルミニウムを主成分とする珪酸塩鉱物。カリウムに富む火山岩に含まれる
モース硬度5.5 ~ 6
不透明な白・灰色・乳白色
対応チャクラ第七チャクラ
特徴ザクロのような結晶体で、視界を遮る不透明感が特徴
パワー・まとまらない思考を整理する力を与える
・人との協調力を促す作用がある
おすすめ使用法・考えをまとめたいとき
・相手と和解をしたいとき
・対人関係のお守りとして
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法香り、水晶、水
和名白榴石(はくりゅうせき)
ページトップへ戻る