Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ゼオライト(Zeolite)

ゼオライト(沸石)(ふっせき)という名前は1756年に、加熱すると水分を分解し、その様子が沸騰しているように見えたことから、ギリシア語の沸騰する石という意味でつけられました。

ゼオライトはグループ名で、これに属する鉱物は48種類あります。

ゼオライトの定義は珪素をアルミニウムに置き換えて、アルミニウム:酸素=1:2となる水を含む珪酸塩鉱物です。

玄武岩や安山岩の採石場ではよくゼオライトが出ます。

スポンサードリンク

ゼオライト(Zeolite)の基本データ

鉱物学的分類ナトリウム・カルシウム・アルミニウムなどの含水珪酸塩鉱物。
モース硬度3 ~ 5
約50種類くらいがあり、さまざま
対応チャクラ第七チャクラ
特徴加熱すると沸騰したように結晶水が分離し易い
パワー・農作物を育み、大地を浄化する作用がある
・忍耐力を高める
おすすめ使用法・農業のお守りとして
・汚染などから守られる必要があるとき
・忍耐強くなりたいとき
取り扱いの注意衝撃で破損することがある
浄化法月光、水晶、香り
和名沸石(ふっせき)
ページトップへ戻る