Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

スフェーン(Sphene)

スフェーンは結晶の形がくさびに似ていることからギリシャ語の「くさび(sphenos)」に因んで名づけられました。

色は黄色系と緑色系と褐色系などがあります。

美しい緑色は含まれるクロムによるものですが、 組成にチタンを含むため、チタナイトという名前でも呼ばれます。

チタンの含有率が高くなると黒っぽい暗めの色あいになります。

硬度が低く割れやすいため宝石としての流通は少ないですが、光の分散率が高いため、カットするとダイヤモンド以上に美しく輝くとも言われています。

スポンサードリンク

スフェーン(Sphene)の基本データ

鉱物学的分類チタンを含有する多色性の石。楔形の平面に平行に2つの結晶が接合した双晶を成すことが多い
モース硬度5 ~ 5.5
見る角度により黄色、青、緑に変化する
対応チャクラ第三チャクラ
特徴色の変化により複雑で重厚な存在感がある
パワー・幸福と成功をもたらす効果がある
・消化や新陳代謝を促す作用がある
おすすめ使用法・運気を高めたいとき
・胃腸が弱っているとき
・新陳代謝を促進したいとき
取り扱いの注意使用中に次第に角が摩耗してくるので、ケースなどに入れて見て楽しんだほうがよい
浄化法太陽光、月光、水晶、香り
和名楔石(くさびいし)
ページトップへ戻る