Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

セレスタイト(Celestite) 

セレスタイト(天青石)は無色から青色の美しい色の石です。

1781年にイタリアのシチリア島で発見され、「空色の石」・「天国のような」の意味から名づけられました。

この青の発色原因は硫酸ストロンチウムで、加熱すると鮮やかな紅色の炎を発する為、花火等に利用されています。

同じストロンチウムで発色する石でエンジェライトがありますが、セレスタイトのほうが柔らかく加工が難しいです。

良質なものは、マダガスカル産の青灰色の石で、角柱状の結晶が群生した非常に美しい原石で産出されます。

スポンサードリンク

セレスタイト(Celestite) の基本データ

鉱物学的分類ストロンチウムを含有する鉱物
モース硬度3 ~ 3.5
空のような淡い青色
対応チャクラ第六チャクラ、第七チャクラ
特徴美しいが劈開性が完全で、宝石としての耐久性に欠ける
パワー・魂を清浄にして心の窓を開く作用がある
・天性の才能を目覚めさせる効果がある
おすすめ使用法・魂を清めたいとき
・親愛の情を高めたいとき
・持って生まれた才能を強化したいとき
取り扱いの注意もろく割れやすいので、注意して取り扱う。また、太陽光に当たらない場所で保管する
浄化法水晶、月光、香り
和名天青石(てんせいせき)
ページトップへ戻る