Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ラピスラズリ(Lapis Lazuli)

ラピスラズリは、人類に認知され、利用された鉱物として最古のものとされ、「最強の聖石」とも呼ばれるパワーストーンです。

宝石として、また顔料ウルトラマリンの原料として珍重されてきました。

名前はラテン語の「石(Lapis)」とペルシア語の「青色(Lazward)」に由来します。

ラピスラズリの瑠璃色は、ラズライト(青金石)を主成分とし、アウィン(藍方石)、ソーダライト、ノーゼライト(黝方石)の4種類の鉱物が混ざり合ってできます

しばしばパイライト(黄鉄鉱)の粒を含んで天体を凝縮したような美しい輝きを放ちます。

また、カルサイト(方解石)白い筋が混入していることがあります。

ラピスラズリはツタンカーメン王のマスクやバビロンのイシュタル門にも使用され、古くから人々を魅了してきました。

最高品質のものは、アフガニスタンから産出します。

9月、または12月の誕生石です。

スポンサードリンク

ラピスラズリ(Lapis Lazuli)の基本データ

鉱物学的分類青金石に黄鉄鉱を含有されることにより金色の斑点が見える
モース硬度5 ~ 5.5
深い群青色の中に星空のように金色の斑点がある
対応チャクラ第六チャクラ
特徴ルネッサンス時代画家ヨハネス・フェルメールが「真珠の耳飾の少女」に多用した
パワー・迷いを断ち、進むべき道を示す
・心身を癒す効果がある
おすすめ使用法・困難な道に迷い込んでしまったとき
・危険から身を守りたいとき
・心と体の病を治したいとき
取り扱いの注意変色し易いので、水・太陽光に当てないほうがよい
浄化法水晶、香り、塩、月光
和名瑠璃(るり)
ページトップへ戻る