Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

カルサイト(Calcite)

カルサイトという名前は、ラテン語で石灰を意味する「calcit」に由来しています。

主成分は炭酸カルシウムで、大理石や石灰岩はカルサイトが集まってできた岩石です。

塩酸をかけると激しく発泡して溶けることにより鑑定できます。

純粋なものは無色透明ですが、含まれる不純物などによって様々な色に変化します。

割れやすい性質を持っていますが、完全な劈開性があり、どんなに割っても美しい平行四辺形になります。

最大の特徴は「複屈折(ふくくっせつ)」と呼ばれる現象です。

平たくカットした透明なカルサイトを文字の上に置くと、その文字が二つにずれて見えるのです。

これを生かして偏光望遠鏡に応用されるなど、カルサイトは科学の発展にも貢献した石です。

スポンサードリンク

カルサイト(Calcite)の基本データ

鉱物学的分類カルシウムを含む石の代表格
モース硬度3
純粋なものは無色。含まれる鉱物により、さまざまな色のものがある
対応チャクラ色により変わる。透明(第七チャクラ)
特徴屈折率が高く、これを通して見ると物が二重に見える。3方向に割れる劈開性がある
パワー・1つのものを2つに見せる働きがある。
 また、2つのものを調和させる作用もある
・錯覚や幻想を取り払い、新たな視点をもたらす
おすすめ使用法・2つの間の大きなギャップを埋めたいとき
・はっきりと見極める目を欲しいとき
・人間不信に陥ったとき
取り扱いの注意水、太陽光で変色、変形することがある
浄化法月光、香り、水晶
和名方解石(ほうかいせき)
ページトップへ戻る