Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ギべオン隕石(Gibeon Meteorite) 

ギべオン隕石は、アフリカのナミビア共和国ギベオンで1836年に発見された鉄隕石です。

隕石を英語で 「メテオライト(meteorite)」と言い、鉄隕石、石鉄隕石、石質隕石の3種に大別されています。

語源はギリシャ語で「meteoron (天上のもの)」に由来します。

隕石は約4億5千年前に地球上に落下したとされています。

ギべオン隕石は「ウィドマンシュテッテン構造」と言われる、独特の網目模様が特徴です。

これは、超高温環境下の鉄とニッケルの合金が100万年かけて冷えて固まることでできたもので、人口で作り出すことは不可能だとされています。

高級時計メーカー「ロレックス」が、その文字盤に使用して有名になりました。

スポンサードリンク

ギべオン隕石(Gibeon Meteorite) の基本データ

鉱物学的分類鉄成分の隕石のひとつ
モース硬度
硬い銀色の表面にエッチングをしたように独特の模様が彫られている
対応チャクラ第七チャクラ
特徴宇宙から飛来してきた石
パワー・宇宙からのメッセージを伝えられる
・持久力を高め、血液を浄化する
おすすめ使用法・宇宙エネルギーを感じたいとき
・血液をきれいにしたいとき
取り扱いの注意流水にかけるのは避けたほうがよい
浄化法月光、水晶、香り、太陽光
和名
ページトップへ戻る