Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

キャシテライト(Cassiterite)

キャシテライトは錫(スズ)の酸化物の鉱物です。

名前の由来もギリシャ語の錫(Kassiteros)から来ているそうです。

青銅器時代、青銅を作るため錫は重要であり、鉱物資源として確固たる地位を築いてきました。

原石はズッシリと重量感があります。

錫は銀白色ですがキャシテライトは黒い光沢があります。

キャシテライトは金剛光沢を持っているため、良質なものになると宝石として扱われます。

スポンサードリンク

キャシテライト(Cassiterite)の基本データ

鉱物学的分類酸化錫から成る重量があり堅い鉱物
モース硬度6 ~ 7
銀白色、脂肪光沢を持つ
対応チャクラ第一チャクラ
特徴この鉱石から錫を産出し、産業や文明を発達させた
パワー・苦難を乗り越える力を与える
・気力をアップさせる
おすすめ使用法・苦しい状況に陥ったとき
・やる気が衰えたとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、太陽光、月光、水晶
和名錫石(すずいし)
ページトップへ戻る