Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ホークスアイ(Hawk’s Eye)

ホークスアイは、角閃石の一種であるクロシドライト(青石綿)に石英が染み込んで硬化した鉱石です。

クロシドライトは元は藍青灰色で細くしなやかな繊維状の結晶形の鉱物ですが、本来の色味のものをホークスアイ(鷹目石)、酸化作用を受けて黄色や茶色になったものをタイガーアイ(虎目石)と呼んでいます。

また、ホークスアイにはファルコンズアイ、ブルータイガーアイ(青虎目石)の呼び名があります。

石綿は危険性が指摘されていますが、石英で固まっている性質上、削って粉にしない限り飛散することはありません。

名前は繊維状の結晶が単一方向へ伸び、光の反射によって縞模様が「虎の眼」のように見えることに由来します。

古代エジプトでは「真実を見通す」石との言い伝えから、天空と太陽の神「ホルス」にたとえられ、崇められてきたと言われています。

スポンサードリンク

ホークスアイ(Hawk’s Eye)の基本データ

鉱物学的分類タイガーズアイと同種。水晶と青石綿の混合石で、青色の地色を残したもの
モース硬度7
黒地に青い光沢が目のようにある
対応チャクラ第六チャクラ
特徴青い光沢が特徴
パワー・冷静な観察力を引き出す力を与える
・決断力、判断力を高める
おすすめ使用法・物事を冷静に見つめる目を持ちたいとき
・適切な判断力を迫られているとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、太陽光、月光、香り
和名鷹目石(たかめいし)
ページトップへ戻る