Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ファイアーオパール(Fire Opal)

ファイアーオパールは炎が揺らめくような、遊色効果を持っているプレシャスオパールの一種です。

オパールは遊色効果の有無により二種に大別され、虹色に輝く遊色効果を持つものを「プレシャスオパール」、単色できらめかないタイプのものは「コモンオパール」と呼んで区別します。

しかし現在日本市場では、赤橙系のコモンオパールもファイアーオパールと称され販売されています。

これは80年代に始まったことで、本来のファイアーオパールに比べると非常な安価だったため、急速に受け入れられたという背景を持つようです。

スポンサードリンク

ファイアーオパール(Fire Opal)の基本データ

鉱物学的分類オパールの中で赤、黄、オレンジ色に発色するもの
モース硬度5 ~ 6.5
赤、黄、オレンジ色。炎のようにゆらめく輝きがある
対応チャクラ第二チャクラ、第四チャクラ
特徴遊色効果で炎のように揺らめいて輝くのが魅力的
パワー・強力な浄化力を与える
・感性を刺激する作用がある
おすすめ使用法・恐れ、不安、迷いを取り除きたいとき
・新鮮なアイディアやインスピレーションを得たいとき
・活発に行動し、人生を切り開きたいとき
取り扱いの注意熱・乾燥に弱いので、湿気のあるところに保管するほうがよい
浄化法水、水晶、月光、香り
和名蛋白石(たんぱくせき)
ページトップへ戻る