Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ペリドット(Peridot)

ペリドットは鉄分と微量のニッケルを含有し、美しい黄緑色に発色します。

オリーブの色に似ていることから鉱物学ではオリビン(Olivine)と呼ばれ、和名の「かんらん石」はオリーブに似た植物の橄欖(カンラン)から来ています。

ペリドットは宝石名で8月の誕生石でもあります。

古代エジプトでは、プトレマイオス一世の后に献上され、「太陽神」の象徴として崇めていたと伝えられています。

また、夜暗くなっても輝きを失わず、鮮明なグリーンを保つことから「イブニングエメラルド」の呼び名があります。

ペリドット(Peridot)の由来は、色が類似している石「エピドート」(Epidote 緑簾石)の異綴誤に由来しています。

また、古代ギリシャとローマ時代にはこの石が「トパーズ」と呼ばれていました。

痔に良いパワーストーンとしても知られています。

スポンサードリンク

ペリドット(Peridot)の基本データ

鉱物学的分類鉄・マグネシウムを主成分とする珪酸塩鉱物。800度の高温にも耐える
モース硬度6.5 ~ 7
オリーブの実の色に似た美しいグリーン
対応チャクラ第四チャクラ
特徴旧約聖書の「出エジプト記」に記載されている、司祭の胸当ての12の宝石の中の中心にある宝石
パワー・暗い考えを一掃し、希望をもたらす
・人間関係の障害を取り除く作用がある
・夜の恐怖や悪を退ける効果がある
おすすめ使用法・限界を感じて意気消沈したとき
・地道な努力が必要なとき
・人間関係を修復したいとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、太陽光、香り
和名かんらん石
ページトップへ戻る