Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

プレーナイト(Prehnite)

プレーナイトは葡萄状の集合体で産出される、淡い緑色の鉱物です。

マスカットグリーンの様な色合いは、微量の鉄分によるものですが、濃淡の異なるグリーンが多く、イエローに近いものや無色、ほとんど白いものも存在しています。

プレナイトは単結晶で発見されることが少なく、ほとんどは結晶が集合した状態で見つかります。

和名は産出の形状がブドウの房に似ていることから「葡萄石」と呼びます。

初めてプレナイトが発掘されたのは1789年ドイツでの事で、名前は発見者のオランダの陸軍大佐、ヘンドリク・フォン・プレーン男爵に由来します。

また、カルサイトやエピドートなどをともなって採掘され、中にはエピトードが内包されたものも流通しています。

スポンサードリンク

プレーナイト(Prehnite)の基本データ

鉱物学的分類カルシウムとアルミニウムの含水珪酸塩から成る鉱物。板状・柱状・または葡萄状の結晶
モース硬度6~6.5
透明または、半透明の淡緑色から黄色
対応チャクラ第四チャクラ
特徴しっとりとした軟質の質感が特徴
パワー・直観力を高める
・持久力を強化する効果がある
おすすめ使用法・自分に最も適した道を選択したいとき
・根気よく取り組む力が必要なとき
・疲労を回復したいとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法月光、水晶、香り
和名葡萄石(ぶどうせき)
ページトップへ戻る