Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アベンチュリン(Aventurine)

アベンチュリンは石英の中にフックサイト(クロム雲母)のかけらを内包し、きらきらした輝きが見られる石のことを指します。 普段目にするものの多くは緑色です。 日本では砂金のように輝くことから、砂金石・砂金水晶などと呼ばれています。 名前の由来も…

アゲート(Agate)

アゲートの特徴は、石に出来た縞模様です。 名前は、かつてイタリアのシチリア島にある川(Acate)で採掘されたことに由来しています。 和名では馬の脳に似ている事から、瑪瑙(めのう)と呼ばれています。 アゲートは石英の結晶の集合体でできている…

ページトップへ戻る