Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アベンチュリン(Aventurine)

アベンチュリンは石英の中にフックサイト(クロム雲母)のかけらを内包し、きらきらした輝きが見られる石のことを指します。

普段目にするものの多くは緑色です。

日本では砂金のように輝くことから、砂金石・砂金水晶などと呼ばれています。

名前の由来も、微小の粒子が輝いている状態(アベンチュレッセンス)という光学効果からきています。

主産地がインドで、翡翠に似ているため「インド翡翠」とも呼ばれますが、翡翠とは全く異なる石です。

古代チベットでは洞察力を高める石として信仰され、装飾品や護符に広く用いられ、仏像の目にも使用されていたそうです。

スポンサードリンク

アベンチュリン(Aventurine)の基本データ

鉱物学的分類石英の中に別の鉱物(ヘマタイト、ゲーサイト、雲母など)の微細結晶を含んだ石
モース硬度7
内包する鉱物によりグリーン、褐色、オレンジ色などになる
対応チャクラ第四チャクラ
特徴産出量が多く、加工しやすいので、安価
パワー・精神を安定させる効用がある
・逆境を乗り越える力を与える
・身近な人への愛情を深め、寛大になるようサポートする
おすすめ使用法・自律神経失調を癒したいとき
・投げやりな気持ちになっているとき
・人間関係を改善したいとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法太陽光、水、月光、香り
和名砂金石・砂金水晶
ページトップへ戻る