Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

エメラルド(Emerald)

5月の誕生石のエメラルドは、ベリル(緑柱石)の中で最も稀少で美しい緑色の鉱物で、クロムを発色原因とします。

水色のベリルをアクアマリンといいますが、鮮やかで澄んだ緑色を「エメラルドグリーン」というように、比類のない美しい緑色がエメラルド最大の魅力です。

エメラルドの語源は「緑色の石」の意が(Smaragd)→(Smeraldo)→(Esmeralda)→(Emerald)と変化したものといわれています。

紀元前1650年頃にエジプトの砂漠で最初に発見され、絶世の美女クレオパトラが愛した石として知られています。

コロンビア産が最も有名で、内包物やひびが多いため、透明度が高く色の深いエメラルドは希少価値があり、ダイヤモンドと同じような価格で取り引きが行われているそうです。

スポンサードリンク

エメラルド(Emerald)の基本データ

鉱物学的分類ベリル(緑柱石)という鉱物。クロムを含んで緑に発色するものがエメラルド
モース硬度7.5 ~ 8
美しい緑色(エメラルド・グリーンといわれる)。透明
対応チャクラ第四チャクラ
特徴その美しさと価値は「宝石の女王」と呼ばれ、ダイヤモンドと双璧をなす
パワー・治癒力を高める
・憂鬱な心を解き放つ力を与える
・独創性を高め、直観力を引き出させる
おすすめ使用法・心と体を健康にしたいとき
・ストレスを解消して、興奮を抑えたいとき
・人生の方向転換を考えているとき
取り扱いの注意水に弱いものがあるので、注意する
浄化法月光、水晶、香り
和名 翠玉(すいぎょく)
ページトップへ戻る