Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

パール(Pearl)

6月の誕生石パール(真珠)はコーラルやアンバーと同じように鉱物ではなく、有機物質を起源とする宝石の一つです。 パールは貝殻の外套膜が異物により刺激され、周りに真珠質(主に炭酸カルシウム)の薄い膜を分泌して作られる宝石で、天然、養殖、海水、淡…

ハーライト(Halite)

ハーライトは鉱物として産する塩化ナトリウムのことです。 海底が地殻変動のため隆起するなどして海水が陸上に閉じ込められたり、あるいは砂漠の塩湖で水分蒸発により塩分が濃縮したりして、結晶化したものです。 美しい結晶形ですが湿気でとける性質を持ち…

パープライト(Purpurite)

パープライトはリン酸塩鉱物の一種で、マンガンにより赤紫色に発色した金属光沢を持った不透明の鉱物です。 結晶化しにくいため、ほとんど塊状で産出されます。 語源はラテン語の「赤紫色」を意味する(Purpura)に由来しています。 主な産地はナビ…

トルマリン(Tourmaline)

トルマリンは、両端でプラスとマイナスを帯電し、マイナスイオンを発生させることから、「電気石」と呼ばれ、この電気的・磁気的特性から、健康に良い石としても知られています。 トルマリンは複雑な化学組成を持ち、約10種類に分かれるグループで、カラー…

モルダバイト(Moldavite) 

モルダバイトは隕石由来の鉱物テクタイトの一種で、ガラス質で深い緑色を持つレアストーンです。 1500年ほど前にドイツの南方に落下した隕石が原因で生成されたといわれています。 チェコのモルダウ川流域で最初に発見されたことからモルダバイトと名づ…

ダイオプテーズ(Dioptase)

ダイオプテーズは緑色透明ないし半透明で、小さい粒状・柱状の結晶をしています。 1785年に最初にカザフスタンで発見され、エメラルドと間違われました。 その後、エメラルドと成分が異なることが確認され、石を透かして見ると、その内部に劈開が明瞭に…

ダイオプサイド(Diopside)

ダイオプサイド(透輝石)は無色透明、黄緑色、緑色などで透明感があるのが特徴です。 板状ないし柱状の結晶をすることもありますが、塊状の場合も多いです。 宝石では黒色と十字スター効果とがあいまった「ブラックスター・ダイオプサイド」や、クロムの影…

タンザナイト(Tanzanite) 

タンザナイトは特殊なゾイサイト(灰簾石)で、青紫色の多色性を持つ石です。 主な発色要因は微量に含まれたバナジウムによるものです。 1960年代、東アフリカのタンザニアで発見され、ティファニー社によって「タンザニアの夜」(Tanzanite)…

セラフィナイト(Seraphinite)

セラフィナイトは深い緑地にシルバーの絹糸模様が特徴の石です。 フェザーインクルージョンともいわれる、天使の羽を広げたようなマーブル模様が浮かぶことから、 セラフィムという天使の名前をとって命名されました。 鉱物的にはクローライト(緑泥石)グ…

スタウロライト(Staurolite)

スタウロライトは角柱状の2つの結晶が双晶となり、しばしば十字型の結晶を生成する鉱物です。 色味としては黒褐色から茶褐色が多く、柱状の結晶が60度の角度で交わるものと、90度の角度で交わるものがあります。 直角のものは、キリスト教の十字架の形…

ページトップへ戻る