Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

クリソコラ(Chrysocolla)

クリソコラはマラカイト(孔雀石)と同じ銅の鉱物ですが、成分が珪酸塩なので「珪孔雀石」といわれます。

元来の色はターコイズのような鮮やかなブルーですが、単独で結晶することはあまりなく、ほとんどはマラカイトやアズライトと共に生成します。

そのため、宇宙から見た「地球」のような模様を描くことが特徴です。

名前はギリシャ語の「金(Chryso)」+「つなぎ(Kolla)」に由来しますが、用途的に現在のクリソコラとは別の石とも考えられています。

クリソコラ非常に脆いため、樹脂浸透等の加工が施されています。

天然品で、石英が浸透し固定化されているものは「ジェムシリカ」と呼ばれ珍重されています。

スポンサードリンク

クリソコラ(Chrysocolla)の基本データ

鉱物学的分類珪酸塩鉱物。かなりの低温で形成され、結晶を見せることはない
モース硬度2 ~ 4
青や緑色の不透明な石
対応チャクラ第四チャクラ、第六チャクラ
特徴トルコ石によく似ているが、そのブルーの色合いが女性的美しさならトルコ石、男性的美しさならクリソコーラと言われている
パワー・ストレスを解消し、心を穏やかにする効果がある
・イマジネーションを刺激する力がある
・海と森のパワーを持ち、美的感覚を高める
おすすめ使用法・心のバランスを保ちたいとき
・芸術やクリエイティブな分野に携わるとき
・女性の幸せ願うとき
取り扱いの注意時間の経過とともに変色することがある
浄化法水晶、月光、香り
和名珪孔雀石(けいくじゃくせき)
ページトップへ戻る