Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

クリソベリル(Chrysoberyl)

クリソベリル(金緑石)はアルミニウムとベリリウムの酸化鉱物で、黄緑色で美しものは宝石になります。

特に淡緑色~黄緑色の金緑石はクリソライトと呼ばれます。

斜方晶系で双晶することにより六角形になりやすい性質を持っています。

名前のクリソ(chryso)は金の意味ですが、ベリルとは別石ですので要注意です。

クリソベリルは変種であるアレキサンドライトや、クリソベリルキャッツアイが特に有名です。

スポンサードリンク

クリソベリル(Chrysoberyl)の基本データ

鉱物学的分類ベリリウムとアルミニウムとの酸化物
モース硬度8.5
透明な黄金色、褐色、赤緑色
対応チャクラ第三チャクラ、第四チャクラ
特徴名前にベリル(緑柱石)がついているが、ベリルの仲間ではない。
パワー・魔力から身を守る力がある
・キャッツアイ効果から「第三にの目」を開く力がある
おすすめ使用法・金運アップとして
・悪い影響から身を守りたいとき
・霊感、インスピレーションを欲しいとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法月光、水晶、香り
和名 金緑石(きんりょくせき)
ページトップへ戻る