Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

クロコアイト(Crocoite)

クロコアイトは、この鉱物から新元素クロムが発見されたことで、科学史的に有名な石です。

18世紀にロシアで発見され、その後オーストラリアのタスマニア島が一大産地となりました。

1797年、フランスの鉱物化学者、ヴォークラン博士はクロコアイトから新しい金属元素の「クロム」を発見しました。

クロムの名称は、ギリシャ語の「色彩」に由来します。

クロムの元素の化合物はさまざまな色彩を生み出し、ルビーの赤色や、エメラルドの緑色の発色原因にもなっています。

スポンサードリンク

クロコアイト(Crocoite)の基本データ

鉱物学的分類バナジナイト(褐鉛鉱)と共生し、二次鉱物として柱状結晶したもの
モース硬度2.5 ~ 3
不透明な赤
対応チャクラ第二チャクラ
特徴1797年にこの鉱物から元素クロムが発見された
パワー・情熱と愛を高める
・創造性をかきたて、クリエイティブな能力を与える
おすすめ使用法・恋愛を求めるとき
・美的センスを磨きたいとき
・女性としての魅力を高めたいとき
取り扱いの注意水は避けたほうがよい。また、太陽光に弱く、もろいので取り扱いに注意する
浄化法月光、香り、水晶
和名紅鉛鉱(こうえんこう)
ページトップへ戻る