Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

グリーンガーネット(Green Garnet)

グリーンガーネットは、ガーネット(ざくろ石)グループの一種です。

「グロッシュラー」(grossular)和名「灰礬柘榴石」(かいばんざくろいし)の一種の「ツァボライト」(Tsavorite)がグリーンガーネットになります。

ツァボライトは鉱石に含有するバナジウム、クロムによって、深い緑色に輝きます。

名前は、ケニアにあるツァボ国立公園(Tsavo National Park)で発見されたことに由来します。

1967年にスコットランド人宝石学者のによって発見され、ティファニー社の当時の社長によって、ツァボライトと命名されました。

グリーン・グロッシュラー・ガーネットとも呼ばれますが、ツァボライトの知名度が浸透し、現在では緑色のガーネット、緑色のグロッシュラーが、ツァボライトと呼ばれることもあります。

スポンサードリンク

グリーンガーネット(Green Garnet)の基本データ

鉱物学的分類ガーネットの中で緑色のもの
モース硬度7 ~ 7.5
温かみのある緑色
対応チャクラ第四チャクラ
特徴治療薬として聖書、神話などに記録されている
パワー・血液浄化、解毒の効果がある
・繁栄と成功をもたらす
・スピリチュアルなパワーを強める
おすすめ使用法・身体に入った毒素を排出したいとき
・成功を望むとき
・オーラを強化したいとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、太陽光、月光、水晶
和名灰ばん柘榴石
ページトップへ戻る