Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ヘミモルファイト(Hemimorphite)

ヘミモルファイトは柱状結晶鉱物ですが、片方の結晶の先端は尖っていて、もう片方は平面という特殊な形をしています。

名称はギリシア語の「半分」を意味する(hemi)と「形」を意味する(momr)を合わせたもので、和名「異極鉱」もこの形状に由来します。

粉末状に加工し肌荒れを防ぐ化粧液、乳液、皮膚外用薬などに利用され、化粧品や医薬品に利用される場合はカラミンとも呼ばれます。

白色の場合が多いですが、青色になったりと種々の色を帯び、美しいものは宝飾品になります。

古くから悪霊を払い、災いから身を守る効果があるとされています。

その希少性から偽物が出回ることが多いパワーストーンです。

スポンサードリンク

ヘミモルファイト(Hemimorphite)の基本データ

鉱物学的分類板状の結晶が異極像といわれる不揃いの結晶になっているもの
モース硬度4.5~5 
無色、淡青色、淡黄色
対応チャクラ第五チャクラ
特徴岩石の上に葡萄状の形の瘤の集合を作るのが特徴
パワー・霊力を高める
・新陳代謝を促す作用がある
おすすめ使用法・悪霊を祓いたいとき
・血液の循環や、細胞の活性化をしたいとき
取り扱いの注意衝撃に弱いので、取り扱いに注意する
浄化法月光、香り
和名異極鉱(いきょくこう)
ページトップへ戻る