Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アマゾナイト(Amazonite)

アマゾナイトは、ホープストーンと呼ばれる希望の石として珍重された鉱物です。

鉱物学的には20を数える長石(feldspar)グループの一種、「微斜長石」(microcline)に属し、透明から半透明で光を通し、石柱状で見つかることが多いです。

主な色合いは含まれる鉛の作用により、緑色、青緑色・水色があります。

グリーンの中に白い縞が入っているものが多いですが、ブルーグリーンで縞の入っていないものは美しく希少性があります。

名前は「アマゾン川」に由来していますが、この川では実際には産出されず、付近で産出された別の石と間違ってついた名称のようです。

主な産出地は、ブラジル、アメリカ、ロシアです。

スポンサードリンク

アマゾナイト(Amazonite)の基本データ

鉱物学的分類長石グループに属す。鉛の成分を微量に含み、半透明な水色はつやがある
モース硬度6 ~ 6.5
半透明の青緑色
対応チャクラ第四チャクラ、第五チャクラ
特徴青緑色のものは少なく、普通は白色が混じってまだら模様になり、粉雪が舞っているように見える
パワー・心身両面のバランスをはかる力を与える
・円滑な人間関係を築く手助けをする
・健康を促進する
おすすめ使用法・健全な肉体と健全な精神を養いたいとき
・表現力を高めたいとき
・コミュニケーション能力を促進したいとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、太陽光、香り、水晶
和名天河石(てんがせき)
ページトップへ戻る