Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ピーターサイト(Pietersite)

ピーターサイトは1962年にアフリカのナミビアにおいて発見された比較的新しい石です。

名前の由来は発見者のシッド・ピーターからきています。

1990年代には中国でも発見されています。

ナミビア産は青色や灰色の縞模様が多く、中国産は金色の鮮やかさを持つ美しいものがあります。

ピータサイトは、角閃石の一種のクロシドライト(青石綿)に石英が染み込んで硬化した鉱物である、タイガーアイホークスアイから構成されます。

タイガーアイとホークスアイ生成された後、地表の地殻変動によって細かく砕けたものが、後に石英によって再硬化したもので、正式には「クロシドライト・アゲート」(Crocidolite Agate)といいます。

アゲートは縞模様の見える石英の集合体ですが、クロシドライト成分が湾曲して渦巻いて見えることから「テンペストストーン(嵐の石)」とも呼ばれています。

スポンサードリンク

ピーターサイト(Pietersite)の基本データ

鉱物学的分類角閃石の一種。珪酸塩鉱物。
モース硬度5
褐黒色・緑黒色で青いガラス光沢がある
対応チャクラ第六チャクラ
特徴気ままな方向への光の模様が特徴
パワー・洞察力、直観力を高める効果がある
・インスピレーション、ヒーリングパワーを与える
・失くしたものを見つけ出す作用がある
おすすめ使用法・深く思考する場面にいるとき
・霊力、インスピレーションを必要とする仕事に就くとき
・探し物をするとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法水、太陽光、月光、水晶、香り
和名
ページトップへ戻る