Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

キャシテライト(Cassiterite)

キャシテライトは錫(スズ)の酸化物の鉱物です。 名前の由来もギリシャ語の錫(Kassiteros)から来ているそうです。 青銅器時代、青銅を作るため錫は重要であり、鉱物資源として確固たる地位を築いてきました。 原石はズッシリと重量感がありま…

オブシディアン(Obsidian)

オブシディアンはマグマが急速に冷えてできた天然ガラスです。 和名は「黒曜石」または「黒耀石」と書きます。 名前はローマ人発見者のオブシウスに由来します。 破片が鋭いため、古代から矢じりや刃物、鏡や装飾品として利用されていました。 黒曜石は古…

オニキス(Onyx)

オニキスは石英の結晶の集合体に出来た縞模様が特徴の、アゲート(瑪瑙)の一種です。 以前は黒と白のなどの縞模様のあるアゲートのことを総称してオニキスと呼んでいましたが、現在では単にオニキスといえば、ブラック一色のオニキスのことを指すのが一般的…

エジリン(Aegirine) 

エジリンはナトリウムと鉄を主成分とする暗緑色の輝石です。 暗緑色が標準ですが、美しい黒色も多く鋭い光沢が特徴です。 結晶の形は、柱状または針状の集合体が多く、ノルウェーで結晶の先端が鋭く尖っているものが発見され、「錐輝石」の名がつきました。…

ページトップへ戻る