Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アンモライト(Ammolite)

アンモライトは、中生代に海に生息していたアンモナイトが化石となり、稀にその表面にアラゴナイトが付着してイリデッセンス(虹のような七色の輝き)を放つようになったものです。

発見はロッキー山脈周辺で、ネイティブアメリカンの人々バッファローの皮でこの石を包んでいたことからバッファローストーンとも呼ばれていました。

また、コーライトとも呼ばれますが、この名称は、カナダのアルバータ州にある鉱物採掘会社のコーライト社によって商標登録されています。

アンモナイトの化石は世界中で発見されますが、宝石的価値のあるアンモライトは、カナダのアルバータ州でしか産出されません。

大変貴重な有機宝石物質ですが、耐久性は低く、合成物質に張り合わせにされるか、コーティング加工されることが多いです。

鮮やかな色がたくさん見られるほど、高品質なものとされています。

スポンサードリンク

アンモライト(Ammolite)の基本データ

鉱物学的分類中生代の貝の化石
モース硬度4
アンモナイト化石が宝石質となって、強い輝きを発する
対応チャクラ第二チャクラ、第四チャクラ
特徴標本として収集されることが多いが、研磨して宝飾品に加工されることもある
パワー・生命力を高める
・洞察力、理解力を強める
・出産の痛みを緩和する
おすすめ使用法・生命力を増したいとき
・事の本質をよく未踏したいとき
・安産のお守り
取り扱いの注意割れやすく、色落ちしやすいので丁寧に扱うとよい
浄化法月光、水晶、香り
和名
ページトップへ戻る