Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ジルコン(Zircon)

ジルコンはジルコニウムを含むケイ酸塩鉱物の一種です。

ジルコニウム元素は1787年この鉱物から抽出されました。

カラーは茶系統が多いです。

屈折率が高く、金剛光沢を持ちます。

無色のものはダイヤモンドのイミテーションにされましたが、ジルコンは複屈折性を持つため判別は容易です。

近年ではイットリウムとジルコンから抽出された、単屈折性の合成品「キュービック・ジルコニア」は一時有名になりました。

ジルコンは紫外線下で黄色の蛍光を発するため、こちらも判別は容易です。

風化変質に強く、砕屑粒子として砂岩などの堆積岩にも広く見られます。

これをジルコンサンドなどと呼び特殊耐火物の製造に用いられています。

ジルコンは宝石としての用途以外にも様々な事に利用されており、年代計測、原子炉などに利用されている宝石です。

スポンサードリンク

ジルコン(Zircon)の基本データ

鉱物学的分類ジルコニウムを主成分とし、強い輝きを持つ結晶。ダイヤモンドの代用品ともされる
モース硬度7 ~ 7.5
透明で橙、赤、褐色
対応チャクラ色によりチャクラの位置が変わる
特徴ジルコンの結晶は内含する元素から出る放射線に晒されで、自身の結晶の骨組みが破壊される
パワー・悲しみを癒し、平安をもたらす効果がある
・愛とお金を引き寄せる作用がある
おすすめ使用法・悲嘆にくれているとき
・心が揺れ動いているとき
・愛を求めるとき
取り扱いの注意酸に弱く割れることがある
浄化法月光、水晶、香り
和名風信子石(ひやしんすせき)
ページトップへ戻る