Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

スミソナイト(Smithsonite)

スミソナイト(菱亜鉛鉱)は、炭酸塩鉱物の一種で、カルサイトグループの鉱物です。

名前は、スミソナイトを最初に見分けたジェームズ・スミソンにちなんで命名されました。

亜鉛という元素は酸化物が白色顔料として使われるように、その炭酸塩であるスミソナイトも本来は無色透明です。

しかし、発色性イオンが取り込まれやすい性質のため、ピンク・黄色・青緑色といったカラフルなキャンディーカラーが多いです。

結晶が見られることはごくまれで、代表的な性質はぶどう状の形です。

スポンサードリンク

スミソナイト(Smithsonite)の基本データ

鉱物学的分類カルサイトの一種で、菱面体、ブドウ状の結晶
モース硬度4 ~ 4.5
透明感のある淡いピンクや緑、黄色
対応チャクラ色によりチャクラの位置が変わる
特徴江戸時代に、粉末にしたものを水に溶いて結膜炎治療の目薬とした記録がある
パワー・恐怖から解放し、傷心を癒やす力がある
・不安定な精神状態から救う効果がある
おすすめ使用法・つらい経験を忘れたいとき
・心が閉鎖されて苦しんでいるとき
取り扱いの注意傷がつきやすいので、持ち運びや取り扱いに注意する
浄化法月光、香り、水晶
和名菱亜鉛鉱(りょうあえんこう)
ページトップへ戻る