Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

セレナイト(Selenite)

セレナイト(透石膏)は石膏の一種で、透明~半透明のガラス光沢や真珠光沢を持ちます。

石膏(ジプサム)には主に三つの産出形態があります。

第一は斜めに切った短冊状または双晶による矢筈状の結晶です。

第二はシルキーな光沢の繊維質を持ったサテンスパーと呼ばれるタイプですが、セレナイトとして流通しています。

第三は、細かい粒子が緻密な塊に集合しているもので、雪花石膏と呼ばれるものです。

セレナイトは、その透明感と清らかさから「聖母マリアのガラス」とも呼ばれ窓、ランプシェード、シャンデリアなどの材料として古くから利用されてきました。

完全な劈開性を持つため、簡単に板ガラス状に割れるのです。

また、石膏の変種で、砂漠地帯で花のような形状から「砂漠のバラ」と呼ばれるデザートローズが存在します。

モース硬度が低いため傷が付きやすく、また水や汗で溶ける恐れがあるため装飾品には向かず、取り扱いには注意が必要です。

スポンサードリンク

セレナイト(Selenite)の基本データ

鉱物学的分類無色透明の結晶質石膏。硫酸カルシウムから成る鉱物
モース硬度2
半透明で白い絹のような輝きをもつ
対応チャクラ第七チャクラ
特徴ギリシャ語の月を意味する「セレネ」から由来して命名。月のような美しい光が特徴
パワー・霊感や洞察力を高める効果がある
・こだわりから解放し、柔軟性を与える
おすすめ使用法・優柔不断に陥っているとき
・オーラを清めたいとき
・仕事で方向転換を考えているとき
取り扱いの注意湿気や水に弱いので、置く場所に注意する
浄化法水晶、月光、香り
和名透石膏(とうせっこう)
ページトップへ戻る