Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

水晶(Crystal Quartz)

水晶は、パワーストーンの原点となる最も代表的な鉱物です。

無色透明で、ガラスの原料となる「石英」が肉眼的な結晶となったものです。

最もポピュラーな石ながらカタカナ表記にはバラつき・ユラメキがあり、和名で「水晶」というの一番確実なように思います。

単に「クォーツ」といった場合「石英」と「水晶」どちらともとれます。

鉱物学的に「石英」=(クォーツ”Quarts”)・「水晶」=(ロック・クォーツ”Rock Quarts”)と充てられているのを覚えておくと良いでしょう。

水晶の別名「クリスタル」は、英語では「結晶」全般の意味で用いられ、またスワロフスキーなどの人工クリスタルガラスの呼称としても使用さるようになりました。

そのため、天然の水晶には「ロッククリスタル」・「クリスタルクォーツ」・ 「クリアークォーツ」などの呼称が用いられています。

4月(イギリス)の誕生石で、クリスタルの名前はギリシア語の「氷(Krustallos)」に由来します。

強い浄化作用があり、古くは氷が化石化したものと信じられていました。

スポンサードリンク

水晶(Crystal Quartz)の基本データ

鉱物学的分類二酸化ケイ素からなる石英のこと。一般的に水晶のこと
モース硬度7
透明な結晶
対応チャクラ第七チャクラ
特徴涼やかで、ひんやりとした感触が多くの人々に愛されてきた
パワー・古来よりきよめの効果がある
・潜在能力の開発に力を発揮する
おすすめ使用法・浄化する必要があるとき
・新しい能力を見い出したいとき
・宗教や呪術の道具として
取り扱いの注意球状水晶に直射日光を当てるとレンズの作用をして、着火する恐れがある
浄化法水、海水、土、太陽光、月光、香り
和名水晶(すいしょう)
ページトップへ戻る