Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

クリスタルクラスター(Crystal Cluster)

クリスタルクラスターは和名を「水晶群晶」と言います。 一般的に「水晶クラスター」で流通しています。 クラスター(群晶)とは、母岩部分や底面から複数の単結晶が集まったものです。 一説によると、水晶は自浄作用があるため浄化不要ともいわれています…

カテドラルクォーツ(Cathedral Quartz)

カテドラルクォーツは、その外観がカトリックの大聖堂(カテドラル)似ていることから名づけられました。 いくつもの結晶が折り重なるように成長してポイントを形成することで、表面がデコボコした形になります。 主な色は透明ですが、シトリン系(黄水晶)…

ガーデンクォーツ(Garden Quartz)

ガーデンクォーツは「変わり水晶」の一種で、水晶内部に別の緑や茶色の鉱物や泥岩などを内包しています。 水晶内にミニチュア版の庭園が閉じ込められたような外観で、内包するものの見え方により「庭園水晶」「苔入り水晶」「草入り水晶」などの呼び名があり…

グリーンフローライト(Green Fluorite)

グリーンフローライトは、フローライトの中で最もポピュラーな色味である緑色のものを指します。 フローライトはカラーバリエーションが豊富な石で、本来は無色透明ですが天然では稀で、ふつうは緑、ついで紫、ピンク、黄色など様々な色を持ちます。 名前は…

グリーントルマリン(Green Tourmaline)

グリーントルマリンの緑色は、含有する鉄分が発色原因で、鉄分の含有量に応じて緑色に濃淡が生じます。 トルマリンの特徴は多彩なカラーバリエーションで、色彩によって異なる意味と効果があります。 グリーントルマリンは愛情・思いやり・疲労回復の石です…

グリーンクォーツ(Green Quartz)

グリーンクォーツは微細な角閃石等が水晶中に含まれ、全体が緑色に見える水晶です。 つまり、水晶の中に内包された別の鉱物によって色がついた水晶で、内包される鉱物によって色合いもさまざまです。 内包される鉱物はクローライト(緑泥石)が多く、そのほ…

グリーンガーネット(Green Garnet)

グリーンガーネットは、ガーネット(ざくろ石)グループの一種です。 「グロッシュラー」(grossular)和名「灰礬柘榴石」(かいばんざくろいし)の一種の「ツァボライト」(Tsavorite)がグリーンガーネットになります。 ツァボライトは…

キャシテライト(Cassiterite)

キャシテライトは錫(スズ)の酸化物の鉱物です。 名前の由来もギリシャ語の錫(Kassiteros)から来ているそうです。 青銅器時代、青銅を作るため錫は重要であり、鉱物資源として確固たる地位を築いてきました。 原石はズッシリと重量感がありま…

ギべオン隕石(Gibeon Meteorite) 

ギべオン隕石は、アフリカのナミビア共和国ギベオンで1836年に発見された鉄隕石です。 隕石を英語で 「メテオライト(meteorite)」と言い、鉄隕石、石鉄隕石、石質隕石の3種に大別されています。 語源はギリシャ語で「meteoron (…

キャッツアイ(Cat’s eye)

キャッツアイはクリソベリル(金緑石)の変種の一つです。 和名で「猫目石」と呼ばれますが、「キャッツアイ」は石の名前ではなく、石に猫の目のような一条の光の模様がでる「キャッツアイ効果」のことを指します。 これは結晶中に平行に配列された針状イン…

ページトップへ戻る