Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アポフィライト(Apophyllite)

アポフィライトの名前はギリシア語の「離れる(Apo)葉(Phyllon)」に由来します。加熱により葉片状に割れることから、加工には不向きです。

和名の「魚眼石」は、輝きが魚の眼に似ていることにちなむ英語の別名「Fish-eye stone」の和訳です。

先が尖った無色透明のものは水晶に似ていますが、水晶は六角形の柱状なのに対して、アポフィライトは四角形の柱状で、上から見るとピラミッド形になるという違いがあります。

透明感のある白色の鉱石が多く産出しますが、黄色や赤色もあり、特にグリーンアポフィライトは希少で人気があります。

スポンサードリンク

アポフィライト(Apophyllite)の基本データ

鉱物学的分類ピラミッド状まだは柱状の結晶。分析過程で葉状に剥がれる性質がある
モース硬度4.5 ~ 5
柱型が集合した緑色のタイプ、ピラミッド型の透明なタイプがある
対応チャクラ第七チャクラ
特徴加熱するとパリパリと薄く剥がれてしまうという現象を起こす
パワー・自分の進むべき道を指し示してくれる
・結晶のピラミッド型から、霊感を強める効果がある
・呼吸器系の病気、リンパ腺の障害などに効果が期待される
おすすめ使用法・新しい生き方に踏み出したいとき
・霊感を高めたいとき
取り扱いの注意もろく剥がれる性質があるので、取り扱いに気をつけたい
浄化法香り、水晶、月光
和名魚眼石
ページトップへ戻る