Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

モリオン(Morion)

モリオン(黒水晶)は黒色で光を通さない水晶です。

元々はケアンゴーム山脈で発見された黒褐色の水晶を産地の名前を取り「ケアンゴーム」と呼ばれていました。

そこから更に真っ黒で光を全く通さない水晶が、スペイン語の黒人を意味する言葉(Moros)からモリオンと呼ばれるようになりました。

非常に流通量が少なく、放射処理された加工品等が多く出回っていましたが、最近中国などからまとまった量が産出され始めたようです。

スモーキークォーツ(煙水晶)は内部に含まれるアルミニウムイオンが天然の放射能の影響により茶色に発色した水晶ですが、スモーキークオーツが更に黒くなり透明度がなくなるとモリオンと呼ばれます。

スモーキークォーツにはガラス光沢がありますが、モリオンには光沢がありません。

スポンサードリンク

モリオン(Morion)の基本データ

鉱物学的分類近傍の放射能鉱物の影響を受けて、水晶の結晶構造に変化が起こり、黒色に着色したもの
モース硬度7
漆黒の水晶
対応チャクラ第一チャクラ
特徴霊的な水晶として、魔術の道具として用いられた
パワー・霊的なパワーを与える
・精神的不安定を完全する効果がある
おすすめ使用法・不運から脱却したいとき
・情緒不安定に悩むとき
・魔除けとして
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法太陽光、月光、香り、水
和名黒水晶(くろすいしょう)
ページトップへ戻る