Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アンブリゴナイト(Amblygonite) 

アンブリゴナイトは1817年、ドイツの鉱物学者ブライトハウプト(Breithaupt)により、ギリシア語の「鈍い(Amblys)」と「角度(Gonios)」に因んで命名されました。

鉱物学的特徴として、90度より少し広い(鈍い)角度の二方向への劈開性を持ちます。

成分的には リチウムを含むリン酸塩鉱物で、科学的にモンテブラサイトという石と近く、屈折率と比重がわずかに違うだけで見た目には区別がつきません。

カラーバリエーションが多く、無色、黄色、黄緑色、淡ピンク色、青、緑など、比較的淡い色が主です。

産出量は決して多くなく、レアストーンとしてコレクターに人気が高い石です。

スポンサードリンク

アンブリゴナイト(Amblygonite) の基本データ

鉱物学的分類リチウムを含むリン酸塩鉱物
モース硬度5.5 ~ 6
透明の黄色
対応チャクラ第四チャクラ
特徴形状からギリシャ語で「鈍い角度」を意味する
パワー・過去のトラウマを解消する力がある
・洞察力、理解力を与える
おすすめ使用法・トラウマを克服したいとき
・創造性を強化したいとき
・物事を深くとらえる力を必要とするとき
取り扱いの注意通常通りに取り扱っていれば、特に問題はない
浄化法太陽光、月光、香り、水晶
和名アンブリゴ石
ページトップへ戻る